読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日のつぶやき-2016-1105

今日は2016年11月5日(土)


 【今日は何の日】11月5日は世界津波の日
 
 本年は,「世界津波の日」の制定元年です。11月5日前後には,「リレー津波防災訓練」(於:日本,チリ,インドネシア,ハワイ)や「『世界津波の日』高校生サミットin黒潮」(於:高知県)(PDF)別ウィンドウで開く等,世界各地において津波の脅威への意識向上のための活動が行われます。

 第70回国連総会本会議(平成27年12月22日)で「世界津波の日」を定める決議がコンセンサスにより採択されました。この決議は,第3回国連防災世界会議及び持続可能な開発のための2030アジェンダのフォローアップとして,我が国をはじめ142か国が共に提案したもので,11月5日を「世界津波の日」として制定するものです。この決議により,津波の脅威について関心が高まり,その対策が進むことが期待されます。

 また,11月5日を指定することは,安政元年(1854年)11月5日に和歌山県で起きた大津波の際に,村人が自らの収穫した稲むらに火をつけることで早期に警報を発し,避難させたことにより村民の命を救い,被災地のより良い復興に尽力した「稲むらの火」の逸話に由来しています。

 我が国では,東日本大震災による甚大な津波被害を踏まえ,2011年6月に制定された「津波対策の推進に関する法律」において,広く津波対策についての理解と関心を深めることを目的として,毎年11月5日を「津波防災の日」と定め,全国で様々な活動や教育に取り組んでいるところです。


松下幸之助一日一話 2016年11月5日 

大器晩成ということ

 よく世間では、あの人は大器晩成型だなどと言いますが、その場合はどちらかといえば、あまりほめたようには使わないことが多いようです。つまり、いまはまあまあだけれども、そのうちになんとか一人前になるだろう、といった調子です。 しかし私は、この大器晩成というのは、もっと大事な意味を持っているのではないかと思うのです。
 
 真の大器晩成型というものは、人生は終生勉強であるという考えを持って、ウサギとカメの昔話のカメのように、一歩一歩急がずあわてず日々精進し、進歩向上していく姿ではないかと思います。そういう姿をめざすことがお互いに大切だと思うのです。

 

 今日のつぶやき雑記

 

 お早うございます。今日もお立ち寄り感謝です。新しい一日の始まりです。
 
11月5日(じゅういちがついつか)はグレゴリオ暦で年始から309日目(閏年では310日目)にあたり、年末まであと56日ある。

 毎朝<クリックで救える命がある> http://www.dff.jp/ で応援しています。
 
 今朝もよく晴れています。風もありません。気温も低く少し寒いです。
窓にも結露で濡れています、又、対策しないといけません。
 
 昨日は秋晴れで、風もなく穏やかな気持ちの良い日でした。朝日がラジオ体操が始まると同時の登って来ました。
 
 朝晩は気温も低いですから、服装にも気を付けて体調管理をしましょう。空気も乾燥しています。マスクなどして風邪など惹かないように対策をしましょう
 
 今朝も目覚ましていただき感謝です。
 
 今日という日は二度とこないので、心穏やかに大切にして元気に過ごしましょう。皆様にとって良い一日になりますように。