今日のコラム

☆ 今日は2016年2月25日(木) 夕刊フジ創刊記念日 ☆

☆ 1969年の今日、日本初の駅売りタブロイド判夕刊紙「夕刊フジ」が創刊された。創刊号の1面を飾ったのは、当時の石原慎太郎参議院議員の記事だった。
創刊当初から見出しにオレンジ色を採用したことから「オレンジ色のニクい奴」というキャッチコピーが付いたことも。「一般紙、スポーツ紙とはまったく違った新しい新聞の創造であります」という編集長の宣言にあるように、タブロイド判の物珍しさや、夕刊フジの若々しさが、当時の社会に受けた。
 
 駅の売店で買いました。 ☆


☆ お早うございます、今日もお立ち寄りありがとうございます。 ☆

 

☆☆ 2016年 2月25日松下幸之助 一日一話

 70点以上の人間に

完全無欠な人間などあり得ないと思う。だから、お互い人間として、一つのことに成功することもあろうし、ときにはあやまちもあるだろう。それは人間としてやむを得ないというか、いわば当たり前の姿だと思う。

しかしあやまちと正しいこととを通算して、正しいことのほうが多くなるような働きなり生活を持たなければ、やはり人間として、望ましい姿とは言えないのではなかろうか。

かりに自分を点数で表わすとどうなるだろう。30点のマイナス面はあるが、少なくともプラスの面が70点ある、というようなところまでには到達するようお互いに努力したいものである。 ☆☆

☆☆☆ 【コラム】 筆洗

2016年2月24日 東京新聞 TOKYO WEB

 ▼眠れないという方には、落語をお薦めしている。笑っちゃって眠れないんじゃないか。そう聞かれるが、心配には及ばぬ。名人上手の落ち着いた声と安定したリズムが眠気を誘ってくれる。なによりも眠りのさまたげになる現実や心配事を落語のぼんやりした世界が忘れさせてくれる
 
 ▼「おやすみ、ロジャー」(飛鳥新社)という絵本が世界各地で売れているそうだ。読み聞かせれば子どもが眠ってくれる効果があるという触れ込みで本の帯には「たった10分で、寝かしつけ!」とある
 
 ▼スウェーデンの行動科学者が二〇一〇年に自費出版し、評判になった。子を早く眠りにつかせたいのは、いつの世のどこのお国でも、親の共通の願いだろう。逆に子どもは親と離れて一人で夢の世界へ向かうことにためらいもある
 
 ▼試してはいないが、効果に秘密があるとすれば読み方か。特定の箇所では強調あるいは静かな声でなど細かく指示されている。あくびをいれるという箇所もある。眠りを誘われそうである
 
 ▼日本人の睡眠時間の短さは世界でも折り紙付きだが、そのせいか、日本人の三歳児の約30%が午後十時以降に就寝するという心配なデータもある。三~五歳児の適切な睡眠時間は十~十三時間とも聞く
 
 ▼どの絵本でもかまわぬだろう。昔ながらの読み聞かせは有効である。どの子にもその声は眠りを誘う名人上手の声である。 ☆☆☆


☆☆☆☆ 今日の雑記

今日も新しい一日の始まりです。

今朝もよく晴れて朝日が眩しいです。気温も低く寒いです。

昨日は、昼間も気温が低く北風も時々吹いて寒い日でした。

 今朝も目覚ましていただき感謝です。

 今日も皆様にとって良い一日でありますように、心穏やかにして元気に過ごしましょう。 ☆☆☆☆