今日のコラム

☆ 7月17日 東京の日
お早うございます。今日もお立ち寄りありがとうございます。☆

7月17日松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

自他相愛の精神

 個人と個人との争い、国と国との争いは、相手を傷つけ、さらには社会全体、世界全体を混乱させる。そういう争いの大きな原因は、自他相愛の精神というか、自分を愛するように他人を愛し、自国を愛するように他国を愛する精神の欠如によるものであろう。

 そういう精神の大切さは昔からいろいろな教えによって説かれていながら、いまだに争い事が絶えないのは、人びとが、このことの大切さを真に悟っておらず、その精神に徹していないからだと思う。

 争いはみずからをも傷つけるということを身をもって知り、人類に平和をもたらすために力を合わせていくことが肝要である。


【コラム】筆洗

2014年7月16日 東京新聞TOKYOWeb

▼同じことがずっと続いてしまい、いつまでたっても解決しないことを意味する「いたちごっこ」。語源は江戸期の子どもの手遊びにある

▼二人が向かい合い「いたちごっこ、ねずみごっこ」と唱えながら素早く相手の手の甲をつまみ合いながら、順次その手を上に重ねていくというのがルール(『身近なことばの語源辞典』)という。そう言われても何が面白いのかさっぱり想像もつかない

▼そんな危険なモノを己(おの)が身に取り込んで何が面白いのか。脱法ドラッグの問題である。ドラッグに酩酊(めいてい)し、交通事故などを起こし、他人様を傷つける。安全であるべき往来に幻覚に狂った車が突っ込んでくる。たまったものではない

▼国が規制しても、成分を巧妙に変化させては、法の網をかいくぐって、世間に流通させているという。問題が国と製造者の「いたちごっこ」になっていると指摘される理由もそこにある

厚生労働省は十五日、脱法ドラッグに含まれる二物質を販売や所持を禁じる指定薬物に緊急指定した。池袋での暴走事故の原因となった脱法ドラッグに含まれていた物質で通常は半年程度かかるところを事故発生から三週間で指定した

▼なるほど、遊びの「いたちごっこ」で勝利するコツはいかに素早く相手の手の甲をつねってやるか。「いたちの最後っ屁(ぺ)」はかんべんしてほしいが、最後まで追い込まねばならない。

☆ 昨日のカープ

カープVメール

16日マツダスタジアムカープ11―7DeNA、勝ち投手戸田1勝1敗、本塁打キラ9号、エルドレッド29号
詳しくは中国新聞朝刊で

今日も暑いです、水分を補給して熱中症に気をつけましょう。今日も皆様にとって良い一日で有りますように ☆