今日のコラム

☆ 5月27日(火)百人一首の日
お早うございます、今日もお立ち寄り有難う御座います ☆


5月27日松下幸之助一日一話(松下幸之助.COM)

誠意が基本

 経営を進めていく上で、もっとも困難があろうと思われるのは販売です。製造には新しい発見や発明がよく考えられますが、販売にとりわけの妙案が生まれることはなかなかむずかしいでしょう。

 それでは、そのように妙案奇策のあまリない販売の世界で特色を発揮し、販売を成功させるために何が基本になるかというと、結局はお互いの誠心誠意ではないでしょうか。どうすればお得意様に喜んでいただけ、どういう接し方をすればご満足願えるかを常に考えることが何よりも大切で、そういう誠意が根底にあってこそ、その人の言葉、態度に深い味わいも生まれ、販売力もまた高まっていくと思うのです。


【コラム】筆洗

2014年5月26日東京新聞TOKYOWeb

▼行列に割り込まない」「町中で放尿しない」「吸い殻や紙くずを散らかさない」。これらの「標語」は何か。年配の方なら覚えているか

▼一九六四(昭和三十九)年の東京五輪に向けた、街の美化や公徳心向上のための訴えである。町中で放尿するなということは、それまでの日本人のある部分は、平気でそれをしていたということか

▼サッカーのワールドカップ(W杯)の開幕(六月十二日)が迫る。その一方で開催国ブラジルでは準備が遅れている。十二競技場のうち、三競技場が完成していないという。道路などは当初計画の大部分を断念しているとも聞く。元ブラジル代表のペレさんが「恥ずべきこと」と頭を抱える

▼いろいろな事情がある。資金不足や作業効率の悪さ。輝く新興国とはいえ、貧困問題も抱える。各地のデモが訴えるのは「W杯ではなく、教育や医療費に金を回せ」である

▼それでも、ブラジルは懸命に準備を急いでいる。突貫工事による事故も起きている。五十年前の日本人がけなげに町を掃除し、公徳心を学んだようにおもてなしに取り組んでいるはずだ

▼「サンバと陽気さ」のお国柄の印象であたかも怠けているかのような言い方はすべきではない。仮に準備不足で不都合が起きても「大目」にみるのももてなされる側の礼儀だろう。それに「なんとかなるさ」の楽天さが少しうらやましくもある。

昨日のカープ

カープVメール

26日三次きんさいスタジアムカープ6―2西武、勝ち投手中田3勝、本塁打丸7号、田中2号 詳しくは中国新聞朝刊で

☆ 今日も皆さまにとって良い一日でありますように ☆