今日のコラム

☆ お早うございます、今日もお立ち寄り有難う御座います ☆

5月2日
カメの歩みの如く

 カメの歩みというのは、一見のろいようだが、私は結局はこのあせらず、騒がず、自分のペースで着実に歩むというのが、一番よいのではないかと思う。手堅く歩むから力が培養されてゆく。逆にパッとやればどうしても手堅さに欠けるから、欠陥も出てくる。だから見たところでは非常に伸びたようだが、あとであと戻りをしなければならないということも起こってくる。

 ウサギのカケ足では息が切れる。といってハヤ足でもまだ早い。一番いいのはやはりナミ足で、カメの如く一歩一歩着実に歩むことではないかと思う。人生行路だけではない。事業経営の上でも、大きくは国家経営の上においても同様であろう。



【コラム】筆洗

2014年5月1日東京新聞TOKYOWeb
 
▼葬送は、人間だけの営みではないという。米国の動物行動学者マーク・ベコフ博士の『動物たちの心の科学』(青土社)によると、ゾウは埋葬をするらしい

▼この本に、その目撃例が紹介されている。死骸の周りに集まって穏やかにさわっていたゾウたちはやがて土をかき集めて、かけ始める。枝も運んで来て、かぶせる。土と枝に覆われた死骸の傍らで夜通し番をして、夜明けとともに立ち去って行く…

▼仲間の死に苦悩し、時に群れとの付き合いまで断とうとするゾウの様子は、人間の心的外傷後ストレス障害(PTSD)に似ていると指摘する科学者すらいるそうだ

▼アフリカにはおよそ五十万頭のゾウがいるそうだが、二〇一二年に象牙狙いの密猟で殺されたアフリカゾウが推定で二万二千頭にも達したそうだ。一九八九年にワシントン条約象牙の取引が禁止されてから密猟も減ってきたが、再び増加に転じてきているという

▼かつて密猟象牙の一大輸入国として日本は国際的非難を浴びていたが、今は中国。東アジアの富が、アフリカゾウを絶滅の危機に追いやってきたのだ

▼『動物たちの心の科学』には、家族を射殺されたゾウの姿も出てくる。狂乱状態となり、ひざまずいて殺された家族の体を起こそうとし、目覚めさせようと牙でつつく。鼻で運べるだけの草を集め、口に押し付けようとするゾウまでいたそうだ。

昨日のカープ

カープVメール

1日甲子園、カープ6―1阪神、勝ち投手大瀬良3勝1敗、本塁打ロサリオ2号、エルドレッド9号 詳しくは中国新聞朝刊で

☆ 今日も皆さまにとって良い一日でありますように ☆